馬券の買い方は悩まれているという方は多いのはないでしょうか。

自分もかなり悩まされてきました。

まぁでも、馬券の買い方なんて極論を言えば、なんでもいいんですけどね。

どの券種でも「均等買い」で利益を出せるロジックがあればそんなに悩まなくてもいい問題かもしれない。

ただなかなかそうもいかないもので、どの券種を選ぶかによって勝敗が20%くらい決まってくると思うんですね。

少しでも回収率を向上させるためにはどれがいいのか?という観点で考えていきます。

その前に、基本中の基本ですが、
どの馬券でも原則として4番人気~10番人気くらいの中穴を狙うことを前提します。
人気馬から買っても勝てません。不可能とまでは言いませんがよほどの腕がないと無理ですね。
人気馬を買うというのは、大多数と同じ思考に陥っているということなので、
限りなく回収率75%に近づきやすいです。

■前提事項
・中穴をねらう
・均等買い
・BOX買いはNG

※控除率の話は今更書くまでもないので書きません

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「回収率を上げる」には3つのアプローチがあります。
 1、的中率を犠牲にして配当金を増やす
   メリ:爆発力がある
   デメ:
かなりの精神力が必要
 2、高的中率を維持して配当金を減らす
   メリ:安定感がある
   デメ:爆発力がない、外れたときのインパクトがデカイ
 3、そこそこの的中率とそこそこの配当金
   メリ:回収計画を立てやすい
   デメ:狙い目オッズがシビア

3は曖昧ですが、大きく分けるとこの3通りになる。

どの人気ゾーンを狙うかにもよりますが、
さらに大雑把に分類すると、
1のカテゴリに該当する券種は、着順を当てる必要がある
「単勝、馬単、3連単」 単純的中率は16頭立てで、6.25%、0.42%、0.03%
2のカテゴリに該当する券種は、着順を当てなくても的中できる
「複勝、枠連、ワイド」、18.75%、2.50%
3のカテゴリに該当する券種は、
「馬連、3連複」、0.83%、0.18%
に分けられます。単純な確率だけでは当然バラけてしまいますが、イメージ的にはこんなもん。

では何が優れた券種なのか?

結論としては、3連複と馬連です。

順番でいえば、
馬連>3連複>単勝>3連単>馬単>ワイド>複勝>枠連

というところでしょうか。

それぞれの券種のメリット/デメリット↓↓

・単勝
 メリット:
  ・控除率に優位性がある
  ・当たるか外れるかしかないので無駄な馬券が発生せず、計画が立てやすい。
  ・アタマまであるか?の観点で予想ができるので、レースを絞りやすい。
 デメリット:
  ・連敗に耐えられる精神力と資金力が必要。

・複勝
 メリット: 
  ・控除率に優位性がある
  ・当たるか外れるかしかないので無駄な馬券が発生せず、計画が立てやすい。 
  ・コンスタントに的中できる
 デメリット:
  ・人気馬が3着以内に入った場合にオッズが下がり妙味がなくなる
  ・飛躍的な回収率を望むのは難しい。 
  ・資金力が必要なわりにリターンは少ない。負けたときのダメージが大きい。ハイリスクローリターン

 ・枠連
 →論外。と、思うけど皆がそう思うはずなので、敢えて研究してもいいかもしれない。
  おそらく本気で枠連で勝負している人はいないから、案外ありかも。

 ・馬連
  メリット: 
  ・的中率と配当のバランスがよい(穴の組み合わせの場合)
 デメリット:
  ・人気馬がくると美味しくない。
  ・3着の穴が拾えない(当たり前だが)ので的中率が低くなる

・馬単
  メリット: 
  ・馬連の2倍以上オッズがつければお得
   →人気がない方がアタマできた場合に破壊力がある
 デメリット:
  ・人気馬がアタマできた場合は、多くの場合で馬連のほうがお得。
   →実際の競馬ではそのケースのほうが多い
・裏表買うなら購入点数が増えるし、片面だけなら的中率が下がる。
   →馬連でよくね?

 ・ワイド
  メリット: 
  ・的中率が3連複以上に担保できるので安定感がある
 デメリット:
  ・オッズの歪みが発生にくく、配当が低すぎるので多点買いが難しい
  ・にも拘わらず、高的中率が求められる

 ・3連複
  メリット: 
  ・オッズの歪みが発生しやすい。
  ・競馬は上位人気の馬が高確率で3着以内に入るが、上位人気のみで決着する確率は意外に高くない。
  ・軸を間違えなければそれなりの的中率は担保できる。
  ・馬券的戦略(フォーメーション)が組みやすい。
 デメリット:
  ・購入点数のバランス調整が難しい。
  ・波乱になるレースの厳選が難しい。レースによっては期待値が低いレースもある(馬連等ほうがおいしい)

 ・3連単
  メリット: 
  ・爆発力◎
  デメリット: 
  ・点数が多くなる。連敗に耐えられる精神力と資金力が必要。


競馬はある程度のレベルまでいくとメンタルのゲーム。
安定感は絶対に必要だし、10~20%くらいの的中率は必要になってくる。
15%くらいの的中率と過程して、購入点数とオッズのバランスが重要を考えると、
馬連は絞りやすいし、3連複も軸を1頭決めて2頭目の軸を2,3頭というように絞っていけるので、
ペイする算段が立てやすいところが素晴らしい。
そこに「順番を当てる」まで入ってくると絞りに絞れないし、
無理に絞れば的中率を余計に悪化させてしまう結果になる。

今のところ、馬連、3連複がメインという選択肢以外はないかな。+押さえで単勝。
馬券の組み方は、単勝・馬連・3連複。
1,2,3着どこにきてもいいよっていう馬券で、3連複を複勝代わりに使うイメージかな。

単勝:◎の1点買い
馬連:◎からの流し(5点くらい)
3連複:◎-(1番人気・4番人気以下・4番人気以下)-紐7点前後 =18点くらい

点数はもっと少ないほうがいいとか、あると思いますけど、一旦はこれでやってます。
 


競馬 ブログランキングへ